インスリン

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在する血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因で、患者の膵臓から必要量のインスリンが出なくなってしまって発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
ポリフェノールで最も有名な特性はV.C.やトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする作用があるのです。
吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは喉から肺に続いている気道(きどう、呼吸器)から出血する状態で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上部にある消化管から出血する状態を示しているのです。
日々繰り返される規則正しい日常生活の継続、食べ過ぎないこと、正しいスポーツなど、アナログともいえる健康に対する配慮が老化対策にも役立つといえます。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間に存在してクッション的な働きをしている椎間板(ツイカンバン)という名称の柔らかい線維軟骨が突き出た症例の事を表しています。
「時間がない」「手間のかかる様々な人間関係が苦手だ」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けてしまうシーンは十人十色です。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの正常な産出活動を促しているのではないかという新たな事実関係が見えてきたのです。
スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく眠れない場合、それが素因になって慢性の睡眠不足となり、次の日の業務に悪影響を及ぼすかもしれません。
毎年流行するインフルエンザの効果的な予防法や治療法といった原則的な措置そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほとんど同じです。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常により出現する湿疹で、皮脂の分泌異常の原因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、V.B.複合体の枯渇等が考えられます。
内臓脂肪の多い肥満と診断され、脂質(lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖の中で2個か3個すべてに合致する事例を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)というのです。
PCの細かなちらつきを軽減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネが今人気を集めている理由は、疲れ目の消失に大勢の人が興味を持っているからではないでしょうか。
お年寄りや持病を患っている方などは、一際肺炎にかかりやすくて治るのが遅いという特徴があるため、予め予防する意識や早め早めの手当が大切です。
汗疱状湿疹とは掌や足裏、又は指と指の間などに小さな水疱が出る症状で、大抵は汗疹(あせも)と言われており、足裏に出ると水虫と早とちりされる場合が結構あります。
通常の場合骨折を起こさない程のごく弱い力でも、骨のある定まったポイントに何度も繰り返しひっきりなしに力が加わることで、骨折へとつながることもあります。