気ままなブログ

人生はお気楽で

新型

内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上に相当するような様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼びます。
子どもの耳管は、大人のそれに比べると幅がある上に長さがあまりなく、かつ水平に近いため、ばい菌が入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関わっています。
「体脂肪率」というものは、体内における脂肪が占める率のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という式によって求めることができます。
インフルエンザ(流行性感冒)の予防テクニックや治療方法というような原則施される対策というものは、季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザであってもほとんど同じです。
不整脈である期外収縮は、病気でなくても起こることがあるため深刻な重病ではないにしても、短時間で発作が次から次へと起こる時は危険なのです。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が見られるのです。
骨折して酷く出血した際に、急に低血圧となって目の前が暗くなるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識消失発作などの様々な脳貧血症状が出現する時もあります。
めまいは無いのに、しつこい耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを数回発症するケースを区別して「蝸牛型メニエール(メニエール氏)病」というケースがあるそうです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、森林の杉やヒノキ、ヨモギなどの様々な植物の花粉が元凶となり、クシャミ・頭重感・鼻水などの不快なアレルギー症状を引き起こす病気だということができます。
気が付くと横向きのままでテレビを見つめていたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日履くというような習慣は体の上下左右の均衡を悪化させる誘因になります。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く特殊な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関係している酵素など、約200種類以上も存在する酵素の構成要素として非常に大切なミネラル分なのです。
ストレスが蓄積してしまう経過や便利で有用な抗ストレス法など、ストレス関連の初歩的な知識を学ぼうとする人は、現時点ではまだ少ないようです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常によって起こる発疹で、皮脂分泌の異常の誘因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが挙げられます。
バイク事故や作業現場での転落など、かなり大きな力がかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされたり、開放骨折になってしまったり、重症の場合は内臓破裂してしまうこともあるのです。
HIVを持つ精液、血液、唾液、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れれば、HIVに感染する危険性が大きくなるのです。

月, 4月 24 2017 » 未分類