気ままなブログ

人生はお気楽で

大気中

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや喫煙する事・お酒を毎晩飲む事・体重過多などのライフスタイルの乱れ、ストレス等によって、ここ数年日本人に患者が多い病気だといえます。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報を損壊させたりして、皮ふに良くない影響を与えます。
学校や幼稚園のような大規模な集団生活をする時に花粉症の症状が要因でクラスの皆と同じように外でエネルギッシュに動けないのは、患者である子どもにとっても寂しいことです。
日常的に横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒール等を日常的に履いたりといった習慣的なことは身体の均衡が乱れる因子になります。
グラスファイバーで作られたギプスは、大変丈夫で軽量で耐久性に優れており、水に濡れてしまっても使い続けられるという長所があり、現在の日本のギプスの中でも定番です。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も共通ですが、数値の評価水準は各国違っていて、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22が標準体重、25以上だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定めています。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格のない一般人でも使用可能な医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に応じて利用することで、心室細動に対しての応急処置の効果を発揮してくれます。
体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに役立つ糖、新陳代謝に必要な蛋白質など、厳しいダイエットではこうした体を維持するために絶対欠かせない栄養素までもを減少させてしまっている。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえばまず足を連想し、ことさら足の裏に現れる皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけではなく、体のどこにでも感染してしまう可能性があるのです。
体脂肪の量は変化がないのに、体重が飲み食いや排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増加したら体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が上がることがわかっています。
ピリドキサールには、色々なアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーを活用するために欠かせない重要な回路へ取り込ませるために一層クラッキングすることを補助する機能もあります。
花粉症というものは、森林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの様々な植物の花粉が素因となって、クシャミ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの多様なアレルギー症状を呈する病気として広く認識されています。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管に比べると幅がある上に短い形であり、またほぼ水平になっているため、バイ菌が入り込みやすくなっているのです。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を起こすのは、これが関わっています。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内の脂肪の付いている割合であり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で分かります。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンにかわって、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種となるため、病院などで注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変わりました。

木, 3月 23 2017 » 未分類