気ままなブログ

人生はお気楽で

バランスの崩れ

くも膜下出血(SAH)は90%近くが「脳動脈りゅう」という血管が変形してできた不必要なコブが破裂して脳内出血することにより発症する脳の病気だと認識されています。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が誘因で出現する湿疹で、分泌が乱れる素因としては生殖ホルモンのバランスの崩れ、リボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが大きいと言われています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重が食物摂取や排尿等により一時的に増減するようなケースでは、体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が高まります。
前立腺という生殖器は生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)がとても大きく関係しており、前立腺の癌も同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの力で肥大化してしまいます。
耳の内部の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類されますが、この中耳付近にばい菌やウィルスなどがうつって炎症が起こったり、液体が滞留する症状が中耳炎なのです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や喫煙する事・お酒を飲むこと・脂肪過多等のライフスタイルの悪化、ストレスに縁って、殊更日本人に増加している疾患だということができます。
脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの鎮静、あらゆる覚醒などを操作しており、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんはその作用が鈍くなってることが証明されている。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低下させたり変異を誘引するような害のある物質を体の内部で無毒化し、肝臓の性能を良くする特長が分かっているのです。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、皮ふに悪影響をもたらすと言われています。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3つの数値によって判断できますが、近頃肝機能が充分ではない人が増加傾向にあるということが判明しています。
脂溶性のビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進するという機能で知られており、血中のCa濃度をコントロールし、筋肉の機能を操ったり、骨を作り出したりします。
HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はカフェインの除去されたコーヒーに変えることで、あの直腸がんの発症する確率を5割も減少させることができたらしい。
高齢の方や慢性的な病を持っている人は、特に肺炎に弱く治るのに時間がかかると言われているので、事前に予防する意識や早め早めの治療が肝要です。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手先や足先が麻痺したり脚の浮腫みなどが中心で、進行すると、あろうことか呼吸困難に至る心不全も発症する可能性があるようです。
健康を推進するWHOは、人体に有害なUV-A波の極端な浴び過ぎが皮ふ病を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行為の禁止を世界各国に勧告中です。

金, 5月 19 2017 » 未分類